米食品医薬品局(FDA)は2016年1月26日、企業が相互運用可能な医療機器を設計する際に考慮すべき項目と、そうした機器の市販前申請に含まれるべき内容に関する勧告をまとめたドラフトガイダンスを、業界とFDAのスタッフに向けて公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)