大妻女子大、はくばく、慶大、大麦の耐糖能改善を研究

 大妻女子大学家政学部食物学科の青江誠一郎教授は、穀物カンパニーのはくばく(山梨県南巨摩郡富士川町、長澤重俊社長)、慶應義塾大学先端生命科学研究所の福田真嗣特任准教授と、大麦に含まれる水溶性食物繊維βグルカンが腸内フローラに及ぼす影響に関する共同研究を開始すると、2016年1月29日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)