米Akashi Therapeutics社は2016年1月25日、被験者の1人が生命にかかわる重症を被ったことを受けて、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)を対象疾患として行っているHT-100 (halofuginone) のフェーズII(HALO臨床試験)の投薬および新規患者の登録を停止すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)