国がんが十二指腸乳頭部癌の大規模ゲノム解読

 国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光氏)研究所・がんゲノミクス研究分野ユニット長の谷内田真一氏らの研究グループが希少癌である十二指腸乳頭部癌(ファーター乳頭部癌)の大規模ゲノム解読を実施、Cancer Cell2月号のオンライン版に発表した。特徴的な癌関連遺伝子(ELF3)を発見するとともに、組織・形態的亜型分類に基づく解析の結果、「腸型」は大腸癌に「膵胆型」は膵臓癌に類似したゲノム異常を有していることが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)