阪大の梶原教授ら、EPOの糖鎖機能解明を論文発表

 大阪大学大学院理学研究科化学専攻の梶原康宏教授らと糖鎖工学研究所(Glytech、京都市下京区、朝井洋明代表取締役)は、複合型糖鎖を3本持っている糖蛋白質エリスロポエチン(EPO)について、それぞれ均一な糖鎖を持つ5種類のグリコフォームの薬理活性を比較した成果を、Science Advances誌で2016年1月16日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)