国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光氏、以下「国がん」)の研究開発費に基づく研究班「わが国におけるがん登録の整備に関する研究(班長:東尚弘氏)は、癌医療の中核的医療機関で組織する「全国がん(成人病)センター協議会」(会長:堀田知光氏、以下「全がん協」)の協力を得て、加盟施設における“部位別10年相対生存率”を初めて集計し、2016年1月20日(水)午前0時に全がん協のウェブサイトで公開した(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/)。部位別の10年相対生存率は各癌の生物学的特性を反映しており、生命科学やバイオテクノロジーの専門家に対する課題を提示していると見ることも可能だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)