米Agenus社は2016年1月21日、米食品医薬品局(FDA)が、同社が提出していたAGEN1884の治験許可申請(IND)を受領したと発表した。AGEN1884は、免疫チェックポイント阻害薬の抗体であり、細胞傷害性Tリンパ球抗原4に結合する。

【2016年1月28日訂正】抗Carboxypeptidase M (CPM)抗体を開発すると記載していましたが、正しくは抗CTLA4抗体でした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)