阪大発ベンチャーのSmart Primerが簡便・安価なリアルタイムPCR法

 大阪大学産業科学研究所(産研)の中谷和彦教授の研究成果を基にした大阪大発のベンチャー企業Smart Primer(東京・中央、森川智代表取締役)が、2015年10月に設立された。遺伝子解析技術を柱とするSmart Primerの事業計画について2016年1月19日、中谷教授とSmart Primerの土屋正年取締役が記者会見を行った。中谷教授は2015年8月に産研の所長に就任した遺伝子科学/ケミカルバイオロジーの研究者だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)