「地方創生」というのが、現在の政権における重要なキーワードの1つとなっている。そのため、第5期科学技術基本計画でも、地方創生に資するイノベーションシステムの構築ということで、「地域企業の活性化」「地域の特性を生かしたイノベーションシステムの駆動」「地域が主体となる施策の推進」という柱が立てられている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)