富士フイルムは2016年1月14日、放射性同位体(RI)を標識したArmed抗体「FF-21101」のフェーズIを米国で開始したことを発表した。肺癌など固形癌患者を対象として、米MD Anderson Cancer Centerで開発を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)