日本病態栄養学会の参加者が5000人に

 第19回日本病態栄養学会年次学術大会が2016年1月9日と10日にパシフィコ横浜で開催された。演題数569、参加者数4914人ともに過去最高を更新した。会長は、女子栄養大学栄養学部の本田佳子教授が務めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)