国立がん研究センター中央病院、遺伝子診療部門を開設

 国立がん研究センターは2016年1月12日に記者会見を開催し、中央病院に「遺伝子診療部門」を開設したと発表した。会見には、中央病院の荒井保明院長や遺伝子診療部門の吉田輝彦部門長、朴成和副部門長が出席した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)