AMEDが海外事務所を開設、政府機関、研究機関との連携加速

 日本医療研究開発機構(AMED)は2016年1月12日、ワシントンD.C.、ロンドン、シンガポールに海外事務所を開設すると発表した。海外の政府機関、ファンディング機関、大学等研究機関との連携による共同研究の推進・調整、医療研究開発に関する技術情報・政策情報の収集・分析、AMEDの国際事業活動の支援、情報発信を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)