「核酸医薬はブレーク前夜だ」

 核酸医薬のプラットフォーム技術を有するボナックは2016年1月6日、特発性肺線維症(IPF)を対象とする核酸医薬BNC-1021(東レの開発コードはTRK-250)の国内での独占的開発・製造・販売権を、東レにライセンスしたと発表した(関連記事)。同社の林宏剛社長(右)と、社外取締役を務める東京医科大学分子病理学分野の黒田雅彦主任教授に、BNC-1021開発の経緯や今後の研究開発戦略などについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)