横浜市大の人工肝臓原基プロジェクト、由来細胞を全てiPS細胞に変更

 横浜市立大学大学院医学研究科の谷口英樹教授(臓器再生医学)らの研究グループは、iPS細胞から人工的にヒト臓器を創り出そうとしている。谷口教授は基本的な方向性を、「世界中の研究者がiPS細胞から細胞を作ろうとしているが、我々はiPS細胞から臓器を作ることを目標としている。器官形成プロセスを可能な限り模倣する。臓器を作れば細胞も取り出せる」としている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)