東レ、ボナックの特発性肺線維症に対する核酸医薬の国内開発権など導入

 東レは2016年1月6日、ボナック(福岡県久留米市、林宏剛社長)とボナックが創製した特発性肺線維症を対象とする核酸医薬品の、国内での独占的開発・製造・販売に関して、ライセンス契約を締結したと発表した。東レは、契約締結を機に、ボナックの第三者割当増資を引き受けたことも併せて発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)