CiRA高橋淳教授に聞く、「iPS細胞を用いたパーキンソン病に対する再生医療、臨床研究か治験かは検討中」

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)臨床応用研究部門の高橋淳教授は、パーキンソン病に対して患者(自家)や健常者(他家)のiPS細胞由来のドパミン前駆細胞を移植する再生医療の研究開発に取り組んでいる。当初はまず自家の臨床研究を実施する考えを示していたが、2015年11月、計画を変更し、治験を実施すると報じられた。2015年12月16日、高橋教授が本誌の取材に応じ、研究開発の現状と今後について語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)