IOT(Internet of Things)の技術革新とObamaケアによる医療効率化政策を背景に、米国ではデジタル医療分野が大きな変革を遂げつつある。デジタル医療分野での様々なアプローチに対して、医療関係者や一般利用者の期待は大きく、多くの企業が設立され、活動を始めている。ここではデジタル医療分野を、1.ウエアラブルセンサーなど生体シグナルを計測する技術、2.医療・健康情報を遠隔地に提供する技術、3.服薬状況や治療の進捗などをリモートでモニターするシステム、4.診断や治療の改善や開発を目的とした医療データの分析技術、5.保険加入や医療費支払いの簡便化ツール、6.医療機関の検索や予約を支援するシステム──の6つに大別して、事業のコンセプトと注目企業を紹介する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)