コロナ禍で再確認されたバイオテクノロジーの威力
革新はスタートアップが起点に

 コロナ禍で改めて認識されたバイオテクノロジーの威力。そして近年、バイオテクノロジーにおけるイノベーションの多くはスタートアップ企業が起点となっています。これは世界のバイオ産業で通底するトレンドであり、日本も例外ではありません。
 将来有望なスタートアップを発掘するにはどうしたらいいのか。今年6月に未上場の有力スタートアップ企業約400社を収録した書籍『バイオスタートアップ総覧2021-2022』を発行した、『日経バイオテク』編集部が詳細に解説します。書籍に収録した「マトリックス分析図」などのツールを活用することで、貴社の提携先・投資先として最適なスタートアップが見えてきます。

タイトル「バイオスタートアップ総覧2021-2022」発刊記念
「日経バイオテク」編集部が解説!有望スタートアップ企業の見つけ方
日時2021/11/25(木) 16:00-17:00
会場オンライン(Zoom)開催
参加はこちらから
パスコード:943106(開始時間の15分前からアクセスできます)
受講料無料
内容 ・水平統合が進む世界の製薬バイオ業界
・日本にはバイオ分野のスタートアップがいくつあるか
・日経バイオテクが今注目するスタートアップ
・目的のスタートアップがすぐに見つかる「マトリックス分析図」とは?
・「疾患領域×モダリティ(治療技術)×開発ステージ」で分類
・「バイオスタートアップ総覧2021-2022」のご案内
講師坂田 亮太郎(日経バイオテク編集長)、久保田 文(日経バイオテク副編集長)
視聴の注意事項・Zoomの登録画面で氏名やメールアドレスを入力する際、実際のお名前やアドレスを入力しないでください。
・講師への質問はZoomのQ&A機能にて受け付けます。全ての質問には回答できない点、あらかじめご了承下さい。
・日経BPはZoom上もしくはYouTube上で個人情報を収集しません。Q&Aでの個人情報の発信もお控えください。
・動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。
・音声、画像は受講者がご調整ください。サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
・配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
・機材、回線、システムのトラブルでセミナーを中断した場合、日経バイオテクのTwitterアカウント(@nikkeibiotech)などを通じてお知らせします。
・講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、セミナーを中止する場合があります。

【セミナー関連書籍のご案内】

バイオスタートアップ総覧 2021-2022
未上場の有望バイオ企業約400社を一挙掲載
あなたの知らない「次のユニコーン」 がこの中に。
バイオ業界での提携先・投資先選定に欠かせない1冊
リモートワークに最適!
社内イントラネットで共有できるPDF版もご用意

■日経バイオテク編/書籍 B5判、900ページ
■価格:352,000円(税込)

●「マトリックス分析図」などを含む無料誌面サンプルのダウンロードはこちら
●社内イントラネットでの共有も可能な本書PDF版のお問い合わせはこちら