東京工業大学は2021年1月23日(土)に、同大学栄誉教授で2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典氏らによる公開レクチャーを開催する。主な対象は中学生と高校生(保護者も含む)。今回は新型コロナの影響から大学内で実施せず、インターネットでLIVE配信することになった。参加は無料だが、事前に申し込みが必要となる(定員は1000人)。

 東工大は毎年1月、「中高生のための東工大Gateway to Science」と題する公開レクチャーを開催してきた。最先端の科学や技術を見聞きすることで、若者たちが大きな夢を持ち、科学者や技術者を目指すきっかけになることを願っている。4回目となる2021年は、細胞の不思議発見オートファジー」がテーマで、大隅氏の他、大阪大学特任准教授の久万亜紀子氏も講義を行う。

開催概要

中高生のための東工大 Gateway to Science
2021年1月23日(土)午後14:00-16:00 <ネットによるLIVE配信>
小さな酵母から始まったオートファジーの世界
2016年ノーベル生理学・医学賞受賞 大隅良典氏(東京工業大学栄誉教授)
オートファジーの役割:病気にも深く関わる生命現象
久万亜紀子氏(大阪大学特任准教授)
大隅研究室ツアーとオートファジーの顕微鏡観察
中戸川 仁(東京工業大学准教授)
申し込みはこちらから
画像のクリックで拡大表示