安倍首相は3日続けて「新型コロナウイルス感染症の実体経済への影響に関する集中ヒアリング」に出席(画像:首相官邸ホームページ)

《首相官邸》
2020.03.21:安倍首相は19日から21日まで3日続けて「新型コロナウイルス感染症の実体経済への影響に関する集中ヒアリング」に出席。「まず当面は感染症防止、そして克服に全力を尽くしていくわけでありますが、その先にはしっかりと思い切った経済対策を打つことによって、日本をV字回復させていきたいと考えている」と語った。
2020.03.20:「新型コロナウイルス感染症対策本部(第21回)」を開催。これを受け安倍首相は、「イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ」を公表

《厚生労働省》
2020.03.22:「新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について」を更新。3月22日の12時時点で、国内感染者は1072例、うち患者は955名、無症状病原体保有者114名、陽性確定例3名。空港検疫で患者5名、無症状病原体保有者12名が確認されたことから、合計すると感染者は1089名、死亡者は41名となった。
2020.03.22:「新型コロナウイルス感染症について」を更新。専門家会議の「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」などの情報を追加した。

《外務省》
2020.03.22:「各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況」と「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限」を更新
2020.03.20:「新型コロナウイルス感染症に関する日中韓外相テレビ会議」を実施。日本から茂木外務大臣,韓国から康京和(カン・ギョンファ)外交部長官,中国から王毅(おう・き)国務委員兼外交部長が参加

《経済産業省》
2020.03.19:「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、電気料金の支払いなど生活に不安を感じておられる皆様へ」を公表。「生活不安に対応するための緊急措置」(令和2年3月18日 新型コロナウイルス感染症対策本部)を踏まえ、電気事業者に対して支払いの猶予等、迅速かつ柔軟な対応を要請した(ガス料金についても同様)。

バイオの専門情報が毎日届くメルマガ(無料)の登録はこちらから
「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはこちらからお進みください。
画像のクリックで拡大表示
WHOは感染者が急増している欧州地域の状況をまとめた「WHO COVID-19 situation dashboard in European Region」を23日から公表した

《WHO=世界保健機関》
2020.03.22:「Coronavirus disease situation reports」を更新。21日午後23時59分現在(欧州中央時間)、全世界の感染者数が29万2142人(24時間の新規感染者は2万6969人)、死者は1万2784人(新規1600人)と発表した。
2020.03.23:感染者が急増している欧州地域に特化した「WHO COVID-19 situation dashboard in European Region」を追加

日経BPの特設「新型コロナ最新情報」 → https://business.nikkei.com/covid19/?n_cid=nbpnbt_cpco_leaf