大阪大の大政氏が考える動物細胞を用いた物質生産の進化に必要な4つの研究ポイント

 バイオ医薬品生産に用いられる動物細胞とその培養、精製に関わる研究は今後、どのように進むのか。大阪大学大学院工学研究科教授の大政健史氏に現状と今後の展望について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)