米Fred Hutchinson癌研など、CRISPRスクリーニングで癌の必須遺伝子を網羅的に特定

 “必須遺伝子”は、細胞が生存するために不可欠な遺伝子群のことを言う。そして“癌の必須遺伝子の特定”という言葉は、創薬に携わる研究者にとって魅力的に聞こえるはずだ。その理由は、目的の癌細胞のみに存在する必須遺伝子を標的とするような低分子を発見できれば、癌細胞だけを狙って死滅させる抗癌剤を開発できる可能性があるからである。つまり必須遺伝子の特定は、“創薬の種”を見つける重要なステップでもあるのだ。そこで今回は、CRISPRスクリーニングを用いることによって、癌細胞にのみ存在する必須遺伝子について網羅的に特定した論文について紹介する(CRISPRスクリーニングに関しては「山本研ゲノム編集アップデイト(8)」を参照)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)