英国立医療技術評価機構(NICE)は2015年12月11日、英AstraZeneca(AZ)社の抗癌剤Lynparza(オラパリブ)について、英国民保健サービス(NHS)での使用を推奨する最終案を発表した。同剤については、今年8月6日、同剤を非推奨とする第2次ガイダンスにおいて、AZ社に追加資料を求めたことを明らかにすると同時に、同日から2回目のパブリックコメントの募集を開始していた。その後、AZ社からの追加資料を検討、さらに、AZ社が薬剤費に対し一定の対応を行うとの条件で、同剤の推奨に転じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)