厚労省、医療系ベンチャー育成方策を取りまとめへ

 厚生労働省は2015年12月24日、第1回医療のイノベーションを担うベンチャー企業の振興に関する懇談会を開催。懇談会の冒頭、塩崎恭久厚労大臣は「イノベーションは、国内外の保健医療水準を向上させるとともに、結果として経済成長に資すると期待されている。創薬産業ではパラダイムシフトが進んでおり、ベンチャー企業の重要性が高まっている。国内でもベンチャー企業がイノベーションを生み出せる環境を整備することが重要だ」とあいさつした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)