AMED、製薬22社が提供した20万化合物でHTSを実施

 日本医療研究開発機構(AMED)は2015年12月22日、産学共同スクリーニングコンソーシアム(Drug-discovery Innovation and Screening Consortium:DISC)の本格始動に合わせ、発足式を開催した。DISCは、アカデミアの創薬シーズの実用化に向け、DISCの会員企業から提供された化合物ライブラリーを使って候補化合物を探索する産学官の取り組み。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)