広島大、ゲノム編集の高効率ノックイン法PITChのプロトコルを論文発表

 広島大学大学院理学研究科の佐久間哲史特任講師らは、ゲノム編集ツールのTALENやCRISPR/Cas9を用いて簡便かつ迅速に遺伝子導入を行えるPITChシステムの詳細なプロトコルを、Nature Protocols誌で2015年12月18日に発表した。目的遺伝子を挿入したヒト培養細胞を1カ月半で樹立できるプロトコル(実験手順)を確立した。また両生類のカエルにおいても染色体上の特定位置に外来遺伝子を挿入できる実験手順を公開した。この成果などについて佐久間特任講師は、12月3日に神戸市で開かれたBMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会)のシンポジウム「ゲノム編集で細胞・生物をカスタマイズする」で紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)