米Weill Cornell Medicineの日本人研究員、エクソソームが癌の転移先の臓器を決定することを証明

発現しているインテグリンが関与
(2015.12.21 00:40)1pt
高橋厚妃

 米国ニューヨークにある研究所の米Weill Cornell Medicineの星野歩子研究員は、原発巣由来のエクソソームのインテグリンの発現パターンによって、将来転移する臓器を予測できる可能性を証明した。研究成果は、2015年11月19日、Nature誌に掲載された。一時帰国した星野研究員が、今回の研究成果や今後の応用について2015年11月27日、本誌の取材に応じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧