米University of MiamiのMiller School of Medicineにおける新規の臨床試験は、米国で初めて、間葉系幹細胞(MSC)を使ってアルツハイマー病を治療しようという試みを評価するものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)