眼疾患に対する革新的な治療薬の開発と商品化に取り組んでいるバイオ医薬品会社の米Ocular Therapeutix社は、2015年12月14日、徐放性デキサメタゾン「DEXTENZA」を涙小管内に投与する治療に関する予備的なフェーズII試験を行い、炎症性ドライアイ治療薬としての有効性評価のためのよりよい指標を同定できたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)