日本水産が80億円でEPA年産420tの新工場

 日本水産(ニッスイ)は2015年12月18日、ファインケミカル事業の基幹工場である鹿島工場(茨城県神栖市)の隣地に新たに鹿島医薬品工場を建設すると発表した。稼働は2018年の予定で、投資金額は総額80億円を見込む。医薬品製造所におけるEPA医薬原料の生産能力は年産420tだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)