米BioLineRx社は2015年12月14日、同種造血幹細胞移植における単剤の治療薬として、骨髄の造血幹細胞を末梢血に動員させる短鎖ペプチドBL-8040を評価するフェーズIIの開始に向け、必要書類を規制当局に提出したと発表した。同試験は当局の承認が得られ次第開始されるとみられ、2016年第1四半期になると予想される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)