ヒトの乳癌の多くは、遺伝学的、また、生物学的に多様だが、乳癌が発生した時点から多様性を持っているのか。また、ヒトの正常な乳房細胞は種類ごとに癌化しやすさが異なるのか。カナダTerry Fox LaboratoryのLong V. Nguyen氏らは、そうした疑問に答えるために、ヒトの正常な乳房細胞に癌遺伝子を導入し、免疫不全マウスに移植して観察して、新たな知見を得た。詳細はNature誌2015年10月10日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)