内閣府SIP次世代機能性の公開シンポに470人超

 内閣府SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)次世代農林水産業創造技術の「次世代機能性農林水産物・食品の開発」公開シンポジウムが2015年12月16日、有楽町朝日ホール(東京・千代田)で開催され、470人を超える参加者が集まった。脳機能活性化や身体ロコモーション機能改善などに着目した次世代型機能性食品の開発に関する取り組みについて計10件の成果発表が行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)