iPS細胞由来癌免疫細胞療法のアストリムが事業を再編、研究者ごとに子会社を設立

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)発ベンチャーで、iPS細胞由来T細胞の実用化に取り組んでいるアストリム(京都市左京区、桂義元社長)が、子会社を設立していたことが2015年12月14日までに分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)