大日本住友製薬がBBI608の臨床開発戦略を公表

 大日本住友製薬は2015年12月9日、同社のR&D説明会を開催した(関連記事1)(関連記事2)。説明会には、同社の子会社で抗癌剤BBI608やBBI503を創製した米Boston Biomedical社のChiang J. Li最高経営責任者(CEO)が出席し、癌領域のグローバルでの研究開発方針などについて説明した。Li CEOが大日本住友製薬の説明会に登場するのは初めてだった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)