京大がベンチャーファンドに150億円を出資、基礎研究重視し満期を15年に設定

 京都大学は2015年12月9日、ベンチャーファンド「イノベーション京都2016投資事業有限責任組合」への150億円の出資を発表した。同ファンドは、京大イノベーションキャピタル(京大iCap)が無限責任組合員として組成するものである。投資業務は2016年1月に開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)