Meiji、トラスツズマブ後続品のPIIIはグローバル開発も視野

 Meiji Seika ファルマは現在、韓国東亞Socioホールディングスとトラスツズマブの後続品(DMB-3111)を開発している。バイオ後続品の今後の開発計画も含め、2015年11月20日に同社の齋藤圭司新規事業推進部長に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)