協和キリン富士フイルム、アダリムマブの後続品は日本でも申請する

 協和発酵キリンと富士フイルムの合弁会社で、バイオ後続品(バイオシミラー)の開発を手掛ける協和キリン富士フイルムバイオロジクスは、現在、アダリムマブの後続品(FKB327)のフェーズIII、ベバシズマブの後続品(FKB238)のフェーズIを実施している。バイオ後続品の開発や製造の課題などについて、2015年11月20日、協和キリン富士フイルムバイオロジクスの野村英昭社長に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)