世界の主要な癌センター25施設が参加しているNPO団体National Comprehensive Cancer Network(NCCN) の癌研究プログラム(ORP)と米Bristol-Myers Squibb(BMS)社は、2015年11月30日、非小細胞肺癌(NSCLC)におけるPD-L1の発現に関する研究を共同で推進するために、NCCN/BMS Thoracic Pathology Protocol Development Teamを結成したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)