米InVivo Therapeutics Holdings社は2015年12月3日、米食品医薬品局(FDA)から、同社が行っている急性脊髄損傷症に対して生分解性のNeuro-Spinal Scaffoldを移植するパイロット研究を、主要な有望なベネフィット研究(pivotal probable benefit study)に変更するプロトコル変更について条件付き承認を得たと発表した。同承認は、インフォームドコンセントにかかるフォームについての小さな変更についての条件付き承認である。コンセントフォームは既にFDAに提出済みである。変更の正式な承認は30日以内に発効される予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)