米Boehringer Ingelheim社と、米MD Anderson Cancer Centerは2015年12月2日、膵管腺癌(pancreatic ductal adenocarcinoma:PDAC)の新規医薬品の開発で提携合意したと発表した。この新規の提携は、MD AndersonのPDAC の生物学的ドライバーへの独自の理解と、Boehringer Ingelheim社の新薬発見開発の経験を融合するものである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)