阪大の藤田准教授ら、ラマン散乱顕微鏡の解像力を2倍に

 大阪大学大学院工学研究科の藤田克昌准教授と渡辺梢博士後期課程学生らは、ラマン散乱顕微鏡の解像力を2倍に向上させた成果を、Nature Communications誌で2015年12月2日に発表した。試料を染色することなく薬剤の空間分布を画像として観察できる。金属先端に局在する近接場光ではなく、空間中を伝搬する伝搬光を用いた方法ではこれまでで最高の解像力を達成し、液体中の生体試料や大面積試料のラマン観察を用意に行うことを可能にした。大阪大学大学院工学研究科の河田聡教授、同大学院薬学研究科の橋本均教授も論文の共著者だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)