組換えT細胞を用いた癌免疫治療を開発している英Adaptimmune Therapeutics社は、2015年11月24日、腫瘍抗原NY-ESO-1に対する親和性を増強したT細胞受容体(TCR)遺伝子を患者自身のT細胞に体外で導入し、患者に注入する治療を、ステージIIIbの非小細胞肺癌(NSCLC)患者に適用するフェーズI/II試験を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)