金沢大、アスタキサンチンのNASH予防作用はビタミンEより強力

 金沢大学医薬保健研究域附属脳・肝インターフェースメディシン研究センターの太田嗣人准教授らは、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の予防・抑制に、アスタキサンチンが役立つことを見いだした。Nature Publishing Groupが発行するオープンアクセス誌Scientific Reports誌で2015年11月25日に発表した。金沢大はこの論文発表のリリースを11月24日付で出した(ONLINE発表予定日時を明記)。研究に用いたアスタキサンチン素材「アスタリール50Fオイル」を提供した富士化学工業(富山県上市町、西田光徳社長)は11月26日にプレスリリースを出した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)