あすか製薬、肝性脳症治療薬のリファキシミンを2015年12月に申請へ

 あすか製薬は2015年11月25日、2016年3月期第2四半期の決算説明会を開催。肝性脳症を対象に開発中で、2015年12月に承認申請を予定しているリファキシミン(L-105)について、炎症性腸疾患への適応拡大を進める考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)