トランスジェニック、増収傾向を堅持も営業損益は悪化

 トランスジェニックは2015年11月25日、2016年3月期第2四半期の決算説明会を開催。福永健司社長は、「営業利益、経常利益、最終損益とも、2015年3月期に比べて黒字幅の拡大を実現したい」と語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)