フィンランドNeste社は2015年11月4日、再生可能航空燃料の商業化を促進し加速させるため、米Boeing社と共同で業界をリードしてゆくと発表した。両社は高凝固点を持つ再生可能航空燃料を航空会社が商業利用できるよう、米材料試験協会(ASTM:American Society for Testing and materials)の燃料標準承認の獲得を協力して目指してゆく。この活動のゴールは、再生可能航空燃料が市場に広く受け入れられるように努め、持続可能性の認定が得られるようその努力を前進させてゆくことだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)