スイスSyngenta社とオランダRoyal DSM社は2015年11月6日、微生物ベースの農薬を開発し商業化するため研究開発パートナーシップを締結したと発表した。微生物農薬にはバイオコントロール剤、バイオ殺虫剤、バイオ刺激剤などが含まれ、両社はそれぞれの創薬プラットフォームから創製される農薬製品を共同で商業化することを目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)