AMED、研究費の運用を大幅に柔軟化

 日本医療研究開発機構(AMED)が2015年11月20日に開催した記者説明会で、末松誠理事長はAMEDで取り組んでいる研究費の機能的運用について説明。「変更したルールが現場で動くためには、大学の事務方などに周知していくことが課題だ」などと語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)